« ダイアログボックスのプレースバーの変更方法 | トップページ | パイナップルの実って? »

2007年5月31日 (木)

ミシシッピアカミミガメ 函館市熱帯植物園

函館の植物園で撮影したミシシッピアカミミガメです。

ミシシッピアカミミガメという名前を聞くと、どんなカメなのかなと思ってしまいますが、ミドリガメのことです。北アメリカ大陸のミシシッピ川などに生息している、顔の横が赤い色をしているカメだから、ミシシッピアカミミガメという名前がついているそうです。英語名はRed-eared sliderと呼ぶそうです。やっぱり顔の横の赤い模様を耳に見立てた名前がつけられています。学名はTrachemys scripta elegansだそうです。

Photo_179

泳ぎが上手で手と足の指の間には立派な水掻きがあります。

Photo_180

ミドリガメと言えば、お祭りなどの縁日で買ってきますね。小さい頃は色が綺麗なのですが、成長して大きくなると色が黒ずんできます。そんなわけで育つと捨てられてしまったりして、世界中で野生化してしまいます。

ミドリガメは本来は日本にはいないカメですが、いまや湖沼に住んでいるカメの代表となっています。環境省が指定する要注意外来生物となっています。

人気blogランキングへ

|

« ダイアログボックスのプレースバーの変更方法 | トップページ | パイナップルの実って? »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15267925

この記事へのトラックバック一覧です: ミシシッピアカミミガメ 函館市熱帯植物園 :

« ダイアログボックスのプレースバーの変更方法 | トップページ | パイナップルの実って? »