« Windowsの終了動作が遅い | トップページ | あなたの注意力を確認できる映像 »

2007年5月11日 (金)

鉢植えのヒマワリ

勤務先で、誰かが鉢植えのヒマワリを買ってきて窓際にかざっていました。今年、初めて見るヒマワリとなりました(^^)

Photo_146

ヒマワリはキク科の花です。原産地は北アメリカの西部だそうです。 太陽の動きを追いかけるように花が向きを変えるので、ヒマワリ(向日葵)という名前なのですが、実際には、花が太陽の動きを追いかけているわけではありません。

ヒマワリの茎の部分には、太陽から光を受けて、植物生長ホルモンであるオーキシンという物質が作られます。 このオーキシンは日の当たらない側にあつまる性質があります。

太陽が移動するとオーキシンも移動します。ですから、日陰の部分が生長します。 日陰の部分が生長するということは、茎が日なた(太陽)の方に曲がるということです。

日の当たる部分と日の当たらない部分で茎の生長速度が違うので、太陽の方へ向きを変えているように見えるのです。しかし、ある程度、生長するとオーキシンは作られなくなります。大きな花が咲く頃には、もう動きません。

人気blogランキングへ

|

« Windowsの終了動作が遅い | トップページ | あなたの注意力を確認できる映像 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/15026008

この記事へのトラックバック一覧です: 鉢植えのヒマワリ:

« Windowsの終了動作が遅い | トップページ | あなたの注意力を確認できる映像 »