« ピーマンが嫌いな子どもが多いのはなぜ? | トップページ | レンコンの穴はなんだろう? »

2007年4月20日 (金)

函館と郵政記念日の関係

4月20日は郵政記念日です。日本の国営の郵便制度は1871年4月20日に始まりました。そのことを記念する日が郵政記念日です。

郵便制度が導入される前は、飛脚が手紙や荷物を運んでいました。飛脚は国営ではなく民間で行われていましたが、飛脚の料金が高い、配達に時間がかかるなどの問題がありました。そこで明治政府は国の交通や通信を管理する責任者である駅逓権正の前島密(まえじまひそか)にヨーロッパですでに運用されていた郵便制度を日本で導入できないか調査を命じました。

駅逓権正は水陸の運輸と通信を管理する業務の責任者です。前島密は水陸運輸の改革を進めながら、当時不便であった通信業務の改革を進めなければならない考えました。全国規模の通信網を確立する必要性を考え、新しい郵便制度を提案しました。その後、前島密は鉄道の仕事で駅逓権正の任を解かれ、イギリスに渡りました。当時のイギリスは産業革命の真っ最中で、交通や通信がどんどん発展していました。鉄道の仕事で赴いたイギリスで、郵便のことも学んでいました。

日本では、1871年4月20日から前島密が作った案をもとに郵便制度が導入されました。前島密はその数ヶ月後に日本に帰ってきました。そして、自ら郵便の仕事に志願し、郵便業務の改革の仕事につきました。イギリスで実際に郵便のことを学んだ前島密はイギリスのやり方を参向に日本の郵便をどんどん改革してき、現在の郵便の基礎を作り上げました。

前島密は日本の郵便の父と呼ばれています。1円切手のデザインは前島密の肖像画になっています。

さて、この前島密は1835年に新潟県上越市の農家で生まれました。名前は上野房五郎と名付けらました。12歳のときに勉強するため江戸にやってきました。1835年にペリー提督が黒船を率いて神奈川県の浦賀にやってきたとき、18歳になった前島密はペリーと接見する役人の従者として浦賀を訪れました。前島密は黒船の出来ばえと、しっかりと統率された海軍にびっくりし、日本も国防をしっかりしないといけないと考えました。国防に関する上申書を国へ提出するために、全国の港湾を見て回ることを決意しました。ところが、全国の港湾を見て回るうちに自分が勉強不足であることに気がつき、ただ港湾を見て回るだけでは駄目なことに気がつきました。英語、数学、造船学などを学びました。そして、四方を海に囲まれた日本の将来のことを考え、海運に興味をもつようになり、勉強の対象は商船へと変わりました。

23歳になった前島密は、函館で蘭学者の武田斐三郎が商船学を教えていることを知り、どうしても武田斐三郎のもとで勉強したくて函館にやってきました。武田斐三郎は航海、築城、造兵などを専門に学んでおり、幕末に函館に建造された五稜郭を設計した学者です。前島密が函館にやってきたのは1858年です。そのときの名前は巻退蔵といいました。前島密は武田斐三郎の諸術調所で2年間、航海について学び、実際に航海実習を経験しました。

人気blogランキングへ

|

« ピーマンが嫌いな子どもが多いのはなぜ? | トップページ | レンコンの穴はなんだろう? »

今日は何の日」カテゴリの記事

函館の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14782174

この記事へのトラックバック一覧です: 函館と郵政記念日の関係:

» 札幌から函館へ、函館から札幌へ観光はやはり車ですかね [北海道、札幌からの旅情報]
北海道の桜のシーズンが始まると札幌から函館への観光が増えてきます。北海道の南、道南は、北海道で桜が咲くのも一番早いです。道南で桜の有名なのは、松前、函館五稜郭が有名です。桜を見ると、やはり春が来た感じになります。この桜の咲くシーズンは、毎年ゴールデンウィークにぶつかるので、松前や函館への観光が増えます。車で行くには、普通函館へ行くの時間の倍近くは見ないと着くことができません。よって、札幌から函館へ行く方法としては、一番はJRで駅弁でも食べながら行くのが一番楽かもしれませんね。...... [続きを読む]

受信: 2007年4月27日 (金) 22時48分

« ピーマンが嫌いな子どもが多いのはなぜ? | トップページ | レンコンの穴はなんだろう? »