« 花とムクドリ | トップページ | ゴキブリが操縦するロボット »

2007年4月24日 (火)

通勤途中で

朝、通勤途中でコンビニの前で信号を待っていたら、小学生(おそらく1年生)の女の子が青の信号の方の横断歩道を渡ってきたところで派手に転びました。見た感じでは頭は打っていませんが、転んだまま泣きやみません。信号を待っていた中学生の女の子やまわりにいた大人が気にしていましたが、やがて信号が青になり、皆その場を離れました。自分はコンビニ前の自販機で買い物をしてお釣りを取るのにもたもたしていたので信号は渡れませんでした。そこで、女の子があまりに泣くので、ちょっと心配になって近寄りました。友達の小学生の女の子も数人心配そうにのぞきこんでいました。

「大丈夫?」と声をかけると、「顔をぶつけた」と声が返ってきて一安心しました。ほっぺたに、ちょっとだけかすり傷がついてしまっていましたが、手にも足も怪我はありませんでした。頭も打っていない様子です。「立てるかな?」と聞いたのですが、なかなか立つ様子がありません。友達が腕をかかえるように持ち上げると、やっと立ち上がってくれました。転んだ女の子はまだ泣いているのですが、大丈夫そうです。

学校の入り口まで50メートルほどのところです。駄目そうなら学校まで連れていくかと思ったのですが、一緒にいた子どもたちがしっかりしていました。「学校まで連れていって、着いたら先生に、この子が転んで顔をぶつけたと話をしてね」と伝えました。子どもたちは「大丈夫」というので、自分はその場を離れることにしました。

まもなくパトロール中?の保護者らしき女性が異変に気がつき、携帯電話をかけながら、こちらの様子をうかがっているのに気がつきました。こちらにやってきたので、状況を説明しましたが、何だか子どもたちよりも動転した感じです。子どもが転んだところは見ていないと思うので、たぶん子どもたちに「知らないおじさん」σ(^^;)が声をかけている方に目がいったのだと思います。保護者の方には転んだ話とほっぺたにちょっとだけかすり傷ができたことを伝えましたが、子どもの方が気になるようです。今のご時世だと仕方ありませんね。でも、地べたにうつぶせになって倒れて泣いていたのですから、放っておくわけにもいきませんでした。

転んだ女の子は、まぁちょっと痛かったのだと思いますが、大丈夫だと思います。

人気blogランキングへ

|

« 花とムクドリ | トップページ | ゴキブリが操縦するロボット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14830172

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤途中で:

« 花とムクドリ | トップページ | ゴキブリが操縦するロボット »