« モンキチョウ | トップページ | カワラヒワ »

2007年3月10日 (土)

読んで面白い生物の本

おすすめの生物の本の紹介です。

スーパーマーケットでやさしく学ぶ、生物のイロハ
身のまわりで学ぶ生物のしくみ
スーパーマーケットの野菜・果物・肉・魚売り場には生物を学ぶ材料がいっぱい。買い物や料理をしながら生物学を学べます。

Photo_29

目次

はじめに

第1章 野菜・果物売り場をのぞいてみよう

1-01 野菜の意外な親戚関係-野菜の共通点からわかる植物の種類
1-02 きのこは何の子?-植物のようで植物でない―菌類の生活
1-03 野菜のからだはどの部分?-根、茎、葉、花、どこを食べているのか
1-04 長ネギの白い部分と緑色の部分-緑色の部分は光合成の工場
1-05 葉の模様で植物を分ける方法-迷路と一本道は何が違う?
1-06 カリフラワーとブロッコリーの関係は?-キャベツ類の中のよく似た兄弟
1-07 リンゴやトマトのおしりの秘密-どこがふくらんだかが大切
1-08 トウモロコシのヒゲは何?-粒の数とヒゲの数の関係
1-09 イチゴのツブツブは種なの?-果肉はいつも果実とは限らない
1-10 カキの種子は乳飲み子?-種子には二つのタイプがある
1-11 ミカンの透視術-皮をむかずに房の数を当てる方法
1-12 リンゴがバナナを熟させる?-食べごろにする追熟とエチレン
1-13 銀杏は太古からの贈り物-イチョウの不思議な生殖方法
1-14 茎を食べるアスパラガス-畑で見たことがありますか?
1-15 からだのどこがふくらんだの?-サツマイモとジャガイモ、どっちも「イモ」とつくけれど
1-16 ジャガイモの毒は自己防衛-新しい個体を守るための術
1-17 「雨後のタケノコ」のしくみ-タケノコの節はどうはたらくか
1-18 レンコンの穴は何だろう?-茎には管が通っている
1-19 アロエってどんな植物?-昼夜逆転の秘密
1-20 腸内をきれいにする食物繊維-食物繊維は動物性食品にも含まれる?
1-21 ゴボウの切り口が黒くなるのはどうして?-ポリフェノールと酸化酵素
1-22 果汁でゼリーがつくれないわけ-タンパク質分解酵素のはたらき
1-23 種なしフルーツのつくり方-植物の生理を利用した工夫
1-24 遺伝子組換えって、どういうこと?-異なる種の遺伝子をもつようになるスーパー技術

コラム 二界説と五界説

第2章 魚売り場をのぞいてみよう

2-01 魚のからだはどうなっているの?-三つの部分に分けられる魚のからだ
2-02 イカのからだには不思議がいっぱい-解剖に挑戦しよう
2-03 イカについている寄生虫ってなに?-小さくてもあなどれない生物
2-04 貝殻のすき間から出てくるものは、なに?-二枚貝のからだのつくり
2-05 カニのにせもの? タラバガニ-甲殻類十脚目の脚の数
2-06 魚の背骨を見てみよう-魚の背骨のしくみ
2-07 魚がもっている石-耳石を探し出そう
2-08 魚も浮き袋を使う!?-魚の浮力調節のしくみ
2-09 目が飛び出している魚の秘密-深海魚が水圧でつぶれないわけ
2-10 エンガワってなに?-コリコリした食感の秘密
2-11 イカの刺身に赤い部分がないわけ-イカには血液がないの?
2-12 サケの卵の名前はなに?-筋子とイクラの違い
2-13 サメやエイってどんな魚?-軟骨魚類の生活
2-14 シラスの混ざりものを見つけよう-甲殻類の幼生と変態
2-15 ヒラメとカレイの大変身-親子で違う泳ぎ方をする魚
2-16 フジツボはどんな味?-見た目は貝類、味はカニ
2-17 ウニに秘められた「五」の法則-棘皮(きょくひ)動物のからだの特徴
2-18 アワビも巻き貝-貝殻はどのくらい重要なのか
2-19 海のパイナップル、ホヤ-無脊椎動物と脊椎動物をつなぐ存在
2-20 おいしいクラゲ、迷惑なクラゲ-刺胞動物のからだと生活
2-21 サケの放流はどのように行われているの?-とる漁業から育てる漁業へ
2-22 出世魚ってどんな魚なの?-染色体異常を利用して大きな魚をつくる
2-23 煮干しを解剖してみよう-手軽にできる魚の解剖
2-24 魚は何を食べて生きているの?-海の栄養分のゆくえ
2-25 マグロをたくさん食べてはいけないの?-食物連鎖で濃縮される有害物質
2-26 ツブのからだで食べられないところはどこ?-二枚貝と巻き貝の毒化
2-27 ホタテの中腸腺はどこにあるの?-ホタテの暮らしとからだのしくみ
2-28 海藻は深海にもあるの?-色に隠された海藻の事情

コラム 魚が自分の姿を隠すには

第3章 肉売り場をのぞいてみよう

3-01 卵を産んだニワトリが肉になるの?-徹底的に改良されてつくられた二種類のニワトリ
3-02 地鶏ってどんな鳥?-血統も育ちも重要なポイント
3-03 一石二鳥とはまさにこのこと?-アイガモとアイガモ農法
3-04 手羽先ってどうやって動くの?-骨と筋肉の連携プレー
3-05 鶏ガラでわかる、飛べるからだのしくみ-鶏ガラを徹底的に調査してみよう
3-06 鶏ガラの中に恐竜の肺?-鳥が上空でも酸欠にならない理由
3-07 鳥類は固体の尿を出す-腎臓のはたらき
3-08 砂肝って鳥にしかないの?-胃の中の石が歯の代わり
3-09 心臓の内部はどうなっているの?-厚い筋肉の壁をもつ左心室
3-10 イノシシからブタへの変化-この改良はまだまだ止まらない
3-11 「豚肉はよく火を通して」は正しいの?-豚肉と寄生虫
3-12 ソーセージの太さの違い-もともとは腸詰めだった
3-13 豚足からわかること-骨を並べながら調べてみよう
3-14 和牛と国産牛の違いって、なに?-ウシを改良してつくり出された霜降り肉
3-15 栄養たっぷり、レバーの話-肝臓のはたらき
3-16 ホルモンってどこの肉?-バラエティに富む内臓肉
3-17 ハラミ、サガリってどこの肉?-横隔膜のはたらき
3-18 さいころステーキってどこの肉?-コピー食品を探そう!
3-19 狂牛病ってなんだろう-異常プリオンが正常プリオンを異常化する
3-20 動物たちのエサはなに?-肉売り場に肉食動物の肉がない理由
3-21 壊され、またつくられる骨-かたいだけではない骨のつくり
3-22 肉の食べごろはいつ?-魚や肉の食べごろと死後硬直
3-23 缶詰の肉や魚はどうして腐らないの?-生物の自然発生説の論争でわかった食品の保存方法

第4章 その他の売り場をのぞいてみよう

4-01 米の欠けている部分はなに?-玄米と胚芽米、白米の違い
4-02 いろいろな米が売られているけれど?-外国産米と日本米
4-03 水田のイネは野生でも育つの?-人に都合のいい特徴をもつ栽培イネ
4-04 イネの品種改良-生物の遺伝的性質の利用
4-05 小麦粉だけの不思議な性質とは?-世界の食文化を支える小麦
4-06 パンはどうしてふくらむの?-アルコール発酵で沸き立つ泡
4-07 「天然酵母」って、なに?-イースト菌との違い
4-08 牛乳って、どんな飲み物?-子にとって最高の食品
4-09 牛乳はどうやってつくられるの?-緑色の牧草が真っ白な牛乳に
4-10 高い牛乳には、わけがある-ノンホモ牛乳ってどんな牛乳?
4-11 バターとマーガリンは何が違うの?-マーガリンは植物性油脂とは限らない
4-12 乳製品は古代人からの贈り物-冷蔵庫がなかった時代の牛乳の保存方法
4-13 ヨーグルトには生きた乳酸菌がいっぱい-乳酸菌は生きたまま腸に届くの?
4-14 はちみつはどうやってできるの?-ミツバチと植物の恵み
4-15 ミツバチはどんなくらしをしているの?-ミツバチの興味深い生態
4-16 卵はどのようにしてつくられるの?-ニワトリはタマゴ工場
4-17 茶色いタマゴの栄養価は?-いろいろな色のタマゴたち
4-18 牛乳からも豆腐ができる?-タンパク質の性質
4-19 納豆はどうやってつくるの?-藁に隠された秘密
4-20 コンニャクを食べても太らないってホント?-コンニャクの食物繊維
4-21 食用油はどうやってつくるの?-サラダ油ってなんだろう
4-22 スパイスとハーブってどこが違うの?-植物として見たスパイスとハーブ
4-23 緑茶、紅茶、ウーロン茶の違いはなに?-発酵が違いのポイント
4-24 冷蔵庫に入れたらバイキンは死ぬの?-微生物の増殖と温度
4-25 腸内細菌ってどんな細菌なの?-腸内細菌のバランスを保つためには

索引

参考文献

人気blogランキングへ

|

« モンキチョウ | トップページ | カワラヒワ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14213914

この記事へのトラックバック一覧です: 読んで面白い生物の本:

» 4本足の鶏が博物館の展示に [スーパーサイヤ人]
ヨルダン川西海岸の都市へブロン近くの洞穴を会場に用い、ショッキングな身体的異常を持つ動物を展示する博物館にて今週、4本足の鶏という新しい展示が登場した。 「ケイブ・オブ・ケイブス」博物館の創設者は、この信じがたい4本足の鶏はその異常のため既に死にかけていると話し、いずれ安楽死を迎え地元の薬剤師によって剥製にされると言う。 鶏を剥製する作業にあたる薬剤師、アブデル・カリーン・アブ・ズ�... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 16時35分

« モンキチョウ | トップページ | カワラヒワ »