« 飛行機雲はどうしてできるの? | トップページ | 函館と赤とんぼの関係 »

2007年3月 6日 (火)

シロイルカ(ベルーガ)

別名でベルーガと呼ばれるシロイルカは、北極圏に生息しているクジラの仲間です。ベルーガは英語でBelugaと書きますが、ロシア語のbeloye(白という意味)に由来するそうです。

シロイルカの学問的な分類は、クジラ目ハクジラ亜目イッカク科シロイルカ属です。分類上は長い角のような牙をもつイッカクの仲間なんだそうです。シロイルカ属とありますが、この属に含まれるのはシロイルカだけです(イッカクもイッカク科のイッカク属です)。

Photo_14

シロイルカはデフォルトでなんともかわいい顔をしていますね。シロイルカは他のイルカと異なり、頭を上下左右に自由に動かすことができます。これは頸椎の構造によるものだそうです。だから、お辞儀をしたり、うなずいたり、いやいやしたりすることができるのですね。野生では海底のエサを食べるのに便利なのだそうです。

それから、他のイルカと異なり背びれがないのも特徴です。

Image1

このシロイルカは鴨川シーワールドで撮影しました。水槽のところに行ったときには、ショーは終わっていて、水面近くにいました。カメラを抱えて、下の方に来るのをまっていたのですが、なかなかやってきません。水面近くにインストラクターの足が見えるなぁなんて思っていたら、命令を出してくれたのでしょうか、いきなりもぐってきて挨拶して帰っていきました。とてもラッキーでした。

鴨川シーワールドは日本で初めてシロイルカを飼育した水族館なのだそうです。

人気blogランキングへ

|

« 飛行機雲はどうしてできるの? | トップページ | 函館と赤とんぼの関係 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14162735

この記事へのトラックバック一覧です: シロイルカ(ベルーガ):

« 飛行機雲はどうしてできるの? | トップページ | 函館と赤とんぼの関係 »