« S字なダイサギ | トップページ | 函館とハーバー(ノーベル化学賞)の関係 »

2007年3月15日 (木)

コガモの雄と雌

鳥は種類にもよりますが、雄と雌で外観が異なるものがたくさんいます。特にカモ類では、雄が鮮やかな色をしていて、雌が地味な色をしている場合が多いようです。

下の写真はコガモの雄です。首が茶色をしていて目の回りには緑色の眼鏡をかけているような模様があります。

Photo_39

そして、下の写真は雌です。 顔には雄のような模様はありません。体色も違います。

Photo_40

マガモも同じような感じです。雄の首は緑色なのですが、雌には色がついていません。生殖に関係しているのだと思います。でも、そういえばカルガモでは雄も雌も若干の違いはありますが似たような感じです。 雄と雌とで形態が異なるのを専門用語では性的二形(Wikipedia)というそうです。Wikipediaを読んでみるとちょっと勉強になるかと思います。

さて、いつもの河原にコガモが来るのは冬のシーズンです。3月に入って多くのコガモたちが越冬を終えて既に旅だっています。一部の集団がまだゆっくりしています。君ら大丈夫か?と思わず言いたくなります。

人気blogランキングへ

|

« S字なダイサギ | トップページ | 函館とハーバー(ノーベル化学賞)の関係 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14266290

この記事へのトラックバック一覧です: コガモの雄と雌:

« S字なダイサギ | トップページ | 函館とハーバー(ノーベル化学賞)の関係 »