« 白熱電球のしくみ | トップページ | 函館山 »

2007年3月 3日 (土)

函館と月光仮面の関係

函館駅から真っ直ぐ電車通りを松風町の方へと歩いていくと、グリーンベルトのある道路とぶつかります。

この道路は「さかえ通り」といいます。その中央分離帯のグリーンベルト・・・と言っても、緑はさほどない遊歩道に月光仮面の像があります。Google Mapでいうとこのあたりです。

6b251_1 

なぜ、こんなところに月光仮面かというと、月光仮面の原作者の川内康範(かわうち こうはん)氏が函館出身だからです。1974年(昭和49年)の9月に、川内さんが函館市に寄贈したのがこの像です。この像の台座には文章が刻まれています。そこには「憎むな、殺すな、赦しましょう」と刻まれています。

川内康範氏はレインボーマンやコンドールマンの原作者でもあります。日本昔話の監修もやっていました。

この名前で「あれっ?」と思った人もいるかと思います。最近、森進一が「おふくろさん」の歌詞を勝手に変えて歌っていたことを知って、森進一に強いクレームをつけた人です。

人気blogランキングへ

|

« 白熱電球のしくみ | トップページ | 函館山 »

函館の話」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
自分は現在の住まいは東京ですが、本籍は函館です。函館離れて20年以上経ちますが毎年1度は帰っています。

投稿: toshizo | 2010年1月14日 (木) 01時26分

映画「わたし出すわ」で根崎のグラウンドから、自宅が2度見え喜んだ

在函7年、函館に本籍を残したまま
函館を第二の故郷とする者です

こんばんは、赤とんぼ、月光仮面
素敵な情報ありがとうございます

もっと魅力的は函館について
また教えてください

でも何故函館なのでしょうか・・・

払暁

投稿: | 2010年1月13日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203483/14110866

この記事へのトラックバック一覧です: 函館と月光仮面の関係:

« 白熱電球のしくみ | トップページ | 函館山 »